仕事で乗り鉄 天浜線

 仕事で浜松へ…
 天浜線沿線の現場に行くのにGoogle任せで乗ってたら、新幹線で豊橋乗り換え…何で?と思ってたら、乗ったひかりが浜松も通過する列車だった…その方が時間がかからないなら良っか…と新所原から天浜線に乗ることに。

天浜線新所原駅

 終わって浜松に向かうのは、遠鉄経由かな…?思いがけず浜名湖一周♪

GoogleMapの信憑性

先日行った台湾。
ネットサーフィンして出てきた画像をもとに撮影地を探し、足場を確認。
初めて行く場所ということもあり、GoogleMapで場所確かめて…
当日もネットに繋がらないスマホではあるけど、GoogleMapは表示させて駅から歩いた。

1.6kmなら大したことないだろ…
道細いけど、もしかしたら車でも上がれるのかな…?とも思いつつ現地に行くと…
入り口からして違う!?
その上、ルートはかなり急な階段!

せめてトレッキングシューズ履くべきだった…と思いつつ登り続け…
そして、Lookoutには…

立派な像がありました。

登山ルートの入り口である、明天宮から見上げると…

駅からここまで10分以上は歩いたと思うから、こんな山の頂上は18分じゃ無理だよ…登り口の看板から30分はかかった気がする…
最近日本のGoogleMapもZENRINと手を切って精度が落ちたとか言われているけど、それよりひどい!?
辿り着けたから良いものの…

看板を見ると、地元の案内をしてくれた人の言うとおり、ルートは2つ。
おすすめされた看板の上ルートから登って、下ルートから下ってみました。
どっちも急な階段で…どっちもどっちかな?
でも、登っている時に、ここは下りたくないな…と思ったので、まぁ正解だったかな…?
日本であちこち行っても観光地近くを素通り…台湾でも同じ。
台北からだと九扮や十扮という観光地を少し過ぎた辺りの 双渓駅。
入り口まで案内してくれた人も、台北周辺にはもっと有名な山があるのに、何でこの山に登りに来た?と不思議がっていたけど、あちこち草が高い台湾できれいに列車が見える俯瞰場所だからで…当日晴れたから、観光はそっちのけで撮りに行ってみた。行かずに後悔…せずにすんだかな…

INFORMATION