北海道のタラコに再会した2022年夏休み Vol.2

 キャンプ場に泊まって、翌朝は早起き。家族旅行のリクエストでトマムに雲海を見に行くことに…晴れてたら色々な意味でイライラするところだったけど、ちゃんと?曇って、いっぱいではないけれど雲海も見れて…
 テント片付けて、旭川方面に移動。十勝岳が見えてる…といことで、白キハだけど昔懐かしの足場で撮ってみることにした。無料高速があったおかげで、ギリギリ間に合って空知川の堤防に到着。

2022.8 根室本線 Nikon D850
1994 根室本線 KONICA SuperDD200

 約30年の年月を感じる1枚になった。対岸の木が無いと、築堤沿いにできた住宅がいっぱい見えるのかな…?退色したネガのスキャンデータ。もう少し何とかならないものか…
 この日はタラコに巡り合えなかった…
 翌日は雨予報。事前に決めた予定として、知り合いと合流して国鉄色を撮る予定日だったけど…予報通り見事に雨。運用も今一つ。その上、貨物が遅れた?雨で列車が運休?とやらで、赤平でタラコ交換を狙ったのにズレて、その後の芦別交換も遅れのせいで交換駅が変更…ただのバルブ撮影に終わった。

2022.8 根室本線芦別駅 Nikon D850

 久しぶりにバルブ撮影ができた♪ちょっと雨強かったな…

北海道のタラコに再会した2022年夏休み Vol.1

 家族旅行で北海道へ。それも、飛行機じゃなくて車。どこから船に乗るかの選択肢はいくつかある…大洗か、新潟か、仙台・八戸・青森…お盆に乗るなら予約は2か月前の乗船予定日だ。仕事先に行くバスの中で予約をした。選んだのは乗船時間8時間の八戸~苫小牧。船酔いの心配もあったから、あんまり長いのは自信がなく、でも1泊分の睡眠時間はほしかった。
 自分が小学生の頃は、有明からのフェリーに乗った。乗ってすぐ風呂に入って、2段ベッドに入って寝たのは良いけど、東京湾を出る際の揺れでノックアウト…船には弱いという記憶が刻まれた…

 今回のツアーの最大の目的は、釧路から旭川に転属したキハ40タラコ。2021年9月の渡道の際にはまともに撮れなかったタラコ40。1995~1999に在住だった頃に撮ったのは、映画「鉄道員」のヘンテコなタラコとか…777番とか、数両のタラコはいたことは知っていたけど、運用が分からず、めぐり合わなかった…そんなこともあって、狙いはタラコ。東鹿越か、石北か、宗谷線か…どこかの運用に入ることを願って、晴れることを願って…

2022.8 根室本線 Nikon Z7

 この日は、金山湖畔でキャンプ。午後テントを張ってたら、雨が降ってきて…大変な一夜になると覚悟した。対岸の線路を走る列車を確認したら、タラコ!?その上、晴れてきた!!大急ぎで鉄橋の場所へ。数人の先客の前にしゃがませてもらってポジション確保。湖の暴走族の立てる波にイラっとしながらも全開露出の中、タラコが来てくれた。
 まさかの晴れカットにガッツポーズ♪

INFORMATION